ロゴ

点検を欠かさないことで安心できるエレベーターへ

事故を防ぐためにも点検を怠らない

エレベーターは物や人を素早く移動させるために使われる便利な装置です。しかし、機械であるため、メンテナンスがかかせません。過去には事故が起こってしまったこともあります。そのため、事故が起こらないように法律でエレベーターの点検に関する法律が定められています。

定期点検と保守点検の違い

定期点検で故障を適切に防止することができる

エレベーターを安全に管理するためにメンテナンスは欠かせませんが、どのように法律で定められているのでしょうか。法律では定期点検を行うことが決められています。定期点検は6カ月から1年ごとに専門のスタッフによって作業を行います。

保守点検によって突発的な事故を防ぐことが可能

保守点検は1カ月ごとに行う作業のことで、万が一の事故に備えて管理者が申し出て行われる作業です。こちらも点検を行うことができる専門の技術を持つスタッフがエレベーターのチェックを行います。事故を防ぐためにも念入りに点検を行います。

定期点検の内容

定期点検の内容はまず検査をするスタッフが法律に基づいてチェックを行います。エレベーターが正確に動作できるように部品の腐食がないか、劣化が見られないか、といった内容です。検査を行うスタッフは一級建築士やエレベーターの検査員という資格を持つ人材です。

エレベーターの点検には種類がある!特徴をチェック

作業員

点検にかかる時間

エレベーターの点検は法律に従って行われています。ここでの法律とは建物基準法に定められている内容をさします。エレベーターを安全に使用するために部品の故障がないかチェックしますが、機械装置であるためたくさんの時間が必要です。専門のスタッフが迅速に点検を行うため、2時間ぐらいかかってしまうこともあります。

自動ドアの点検と合わせて行おう

ここで、建物内にある自動装置について考えてみましょう。自動ドアも安全に作業させるためにメンテナンスが義務づけられています。人が出入りするときに開閉が上手く作動しないとスムーズに移動することができません。エレベーターの点検と同様に保守契約を結ぶと便利です。万が一、自動ドアの修理が必要な際にも業者がかけつけてくれます。

業者比較サイトを利用するとラク

最近では何か調べることがあるとインターネットを利用することが一般的です。以前では電話帳を見たり、図書館へ行って調べていましたが、自宅ですぐに情報を得ることができます。さらに、インターネットで情報を得る方法もだんだんと進化してゆき、便利なサイトが充実しています。その一つに業者比較サイトがあり、時間の短縮につながります。

エレベーターに関するみんなの質問

修理にはどのように対応してもらえるのか

エレベーターの修理では部品の交換が必要なケースがあります。その場合には、必要な部品をすぐにご用意して交換することが可能です。もちろん、社内で部品の在庫を所持しています。また、メーカーに合わせた純正部品を用意しています。

部品の交換は迅速に行うことが可能か

エレベーターの点検では、部品の劣化があると交換が必要になることがあります。その場合には、エレベーターのメーカーから部品を取り寄せることもあります。現在は、部品の調達は迅速に提供するように独占禁止法に定められていますので、迅速に調達されています。

点検回数はどのぐらい行っているのか

エレベーターの点検については国土交通省の法律に定められており、その基準に従って点検を行います。基本的には月に1回行います。また、必要であればエレベーターと同様の自動ドアの点検も合わせてチェックすることができます。

就業時間以外に点検を行うことができるか

日中は人の往来が多いため、便利性を優先させるためにも就業時間が過ぎてから点検を行うことができます。対応できるように人員の配置は行います。ただし、時間外の作業となるため、場合によっては料金がかかってしまうこともあります。

遠隔点検と訪問点検のどちらを行うのか

点検の方法については、基本は月に1回など専門の技術を持つスタッフが伺う定期的な訪問点検です。しかし、突発的な不具合を防止するために遠隔点検を行っています。遠隔点検はリモート運転や自動診断運転を行うことが一般的です。