自動ドア修理のポイントとは?信頼できる業者を選択!
ロゴ

見積もりや実績にも注目して自動ドア修理を依頼しよう

調子が悪いと感じたら修理しよう

エレベーターの点検や修理と同様に自動ドアも修理が必要なケースがあります。一般的に多いのが開閉が上手く作動しないといった症状です。人がドアの前にいても自動ドアが反応しなかったり、出入りの際に閉まってしまうなどです。そのような時には修理を依頼すると安心です。

修理業者を選ぶポイント

信頼できるかどうか

いざ、自動ドアの調子が悪いので修理を依頼するといっても、何をポイントにして業者を選択すれば良いのか判断しにくいのではないでしょうか。そこで、判断材料として、安心して修理を依頼することができる業者かどうかが大切です。スタッフの丁寧な対応や修理の内容が適切かどうかなどです。

資格を持っているかどうか

自動ドアは機械装置であるため、修理は複雑であることも考えられます。そのため、自動ドア施工技術士という資格が必要です。自動ドアの内部構造を正確に把握しているスタッフが修理することが望ましいと言えます。修理業者を選ぶ際には、資格を持つスタッフがかけつけてくれるかも大切な判断材料です。

見積もりがあるかどうか

どの修理でも言えることですが、依頼する前に作業内容に対する見積もりを依頼することが大切です。見積もりの依頼する方法は、センサーに問題があるのかなど装置の故障の状態やどのような修理が希望かを伝えます。親切な業者であれば、できるだけ部分修理を行う方法を提案し、おおよその見積もりを出してくれます。

自動ドア修理のポイントとは?信頼できる業者を選択!

入口

自動ドア修理にかかる費用

では、修理にかかる費用を業者に依頼して、見積もりを得ることができたと仮定します。しかし、適正な費用がどのぐらいか知っておく必要があります。相場の価格です。たとえ、部分修理であっても高額な場合には注意が必要です。ただ、一般的には数十万円が多い価格帯です。大掛かりな修理の場合で百万円を超えることがあります。

定期点検の重要性

自動ドアが故障すると修理に費用がかかってしまいますが、いったん修理を依頼すると数十万円はかかってしまいます。しかし、定期的な点検を受けていると、毎月の点検代だけですむため、高額な出費を防ぐことが可能です。定期点検であれば、業者によっては数万円で行っているので、突発的に故障して、慌てるよりも普段から点検をうけておくと安心です。

自動ドアに関する事故

自動ドアは機械装置ですから、人間が予測できない突発的な事故も起こる可能性があります。過去にも上手く動作しないことによって事故につながったケースもあります。最も多いのは、はさまれるという事故です。もしも、事故が起きてしまったら、ケガをするだけでなく賠償請求をされることも考えられます。最悪な事態を防止するためにも修理は欠かせないと言えます。

おかしいと思ったら放置しない

自動ドアの開閉がゆっくりであったり、人が立ってもスムーズにセンサーが反応しないなどの症状は故障が考えられます。みつけたら修理を行うことが大切です。まずは、自動ドアがおかしいと思った時にはそのまま放置しないことが大切です。